戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年06月30日

混乱の塔 【スーパー戦隊シリーズ前史その67】

混乱の塔

20061225143359.jpg1971年から1973年にかけて「少年チャンピオン」にて連載された横山光輝の漫画「バビル2世」はその迫力ある超能力バトル描写で人気作となり、当初は3か月程度で連載は終了する予定であったが、あまりの人気の高さに、横山が物語を終了させようとする度に「チャンピオン」編集部が連載の継続を要請し、バビル2世に倒されたはずのヨミが何度も復活して再びバビル2世と戦うというパターンが繰り返されることになった。普通はこんなことを繰り返せばマンネリ化して人気が低下するものだが、それでも人気が高かったのだから、よほどこのお話は当時の読者には刺激的だったのだろう。
作品の魅力の大部分は今までにない激しい超能力バトルの描写にあったが、これは横山という職人漫画家が読者に分かりやすい超能力描写というものを突きつめた読者サービスの結果の産物であったのだから、それが読者にウケたのも当然といえば当然であった。ただ、この作品は読者サービスだけではなく、横山光輝らしい独自のテイストにも満ちており、そのあたりも作品の完成度を高めていた。これらの横山らしい要素の中にも後のヒーロードラマに大きな影響を与えた部分もあるので、触れておかなければいけない。


続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 20:57 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

バビル2世 【スーパー戦隊シリーズ前史その66】

バビル2世

babil_001_1000k_0003.jpgさて、まずは横山光輝の「現代版忍者漫画」としての「バビル2世」である。もともと横山の描く忍者漫画というのは特殊能力を使った忍者合戦が主体で、一種の超能力戦が展開されたものであったので、それを現代や近未来の設定に置き換えると普通に超能力漫画になるのは必然であった。ただ忍者漫画の名残はしっかり残っていて、バビル2世もその敵達もやたら跳躍力が強調されており、夜のビルの谷間を素早くピョンピョンと飛び跳ねていきつつ戦うのだ。これはまさに忍者漫画における忍者の動きそのものであり、逆にこの「バビル2世」が人気作となりすぎたせいで超能力漫画の典型となってしまい、超能力者というものが人並み外れた跳躍力で飛び跳ねながら素早く移動するものというイメージが固定化されることになったが、もともと超能力者にそんなイメージが付随していたわけではなく、この「バビル2世」が現代版忍者漫画であったことから付随するようになったイメージに過ぎないのである。
そして、忍者といえばそうやって高速で飛び跳ねながら手裏剣を投げ合ったり刀で斬り結んだり、横山忍者の場合は何やら怪しげな術を使ったりするのだが、基本的にあまり接近戦や肉弾戦をしないのが特徴である。相手とは一定の距離をとって戦う。しかし手裏剣を投げ合ったりすれば忍者そのものになってしまうし、何か変な術を使ったとしても、横山漫画の場合、既にたいがいの術は忍者漫画で使ってしまっていたから、今までにあったようなことをやっていては現代版忍者漫画としての「新しさ」が表現できない。そこで離れた敵を攻撃する技として今までにないような超能力の表現が必要になったのだ。


続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 21:56 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

地球ナンバーV7 【スーパー戦隊シリーズ前史その65】

地球ナンバーV7

thumb_200_manga_18_px200.jpg「バビル2世」は秋田書店の発行する「週刊少年チャンピオン」に1971年から1973年にかけて連載された横山光輝の代表作の1つである。この時期、横山は既に歴史漫画に主軸を移していたが、創刊間もなく「マガジン」「サンデー」などの古参誌はおろか、1年早く創刊して部数を着実に伸ばしていた「ジャンプ」の後塵をも拝していた「チャンピオン」の編集部に一般受けする人気作となり得るものを描いて欲しいと依頼され、引き受けた作品であった。
「チャンピオン」は1969年創刊で翌1970年に週刊誌化された。4大少年向け週刊漫画誌の中では最も後発であり、創刊当初は人気作が少なく苦戦していた。創刊時の「チャンピオン」を引っ張った人気作は後述する永井豪の「あばしり一家」という作品だったが、これはあまりにも過激な内容で、確かに面白かったのだが、いつ打ち切りになるか分からないような作品であった。まぁそんな作品が掲載されていたというだけでも「チャンピオン」という雑誌の特殊性が窺えるが、「チャンピオン」がその傾向を更に強めて漫画史を変えるほどの異常性を発揮するようになるのはもう少し後のことである。
それについてはまた後述するとして、この時点ではチャンピオン編集部はもう少しマトモな人気作となり得るものを掲載しようということで1971年になって横山に「伊賀の影丸」や「仮面の忍者赤影」のような忍者漫画を描いてもらいたいという打診をした。ところが横山はもう忍者漫画には飽きており、ならば現代版の忍者漫画を描こうということで描かれたのが「バビル2世」であったのだった。


続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 21:15 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

不可視現象の可視化 【スーパー戦隊シリーズ前史その64】

不可視現象の可視化

img20061025_p.jpg何故、横山光輝が漫画版の「魔法使いサニー」で編み出した「魔法発動時の光線発射」というリアルではないが静止画である漫画独自の工夫としてのみ必要であった演出技法を、それを原作として製作したアニメ版においてまでも東映動画はどうしてそのまま(いや、もっと派手に)採用したのであろうか。横山は原作の改変には全く無頓着な漫画家であったのだから、別に原作漫画の設定に忠実である必要など全くなかったし、実際、東映動画は平気で原作の設定を何箇所も変更している。この光線描写だって無くしても全然構わなかったはずである。それなのにこの描写を残したということは東映動画がそれを有用だと判断したからである。どうしてそのように判断したのかというと幾つかの理由があるだろう。
まず横山の編み出した光線描写がアニメの演出としても応用して使えるものであり分かりやすい表現で効果的と認められたからだ。アニメ作品においても効果的と認められれば随所で擬音の書き文字が使われることがある(例:「はじめ人間ギャートルズ」など)のと同じことである。そしてまた、この「魔法使いサリー」は大人向けに作られた「奥様は魔女」とは違い子供向けで、そのユーモアも子供向けにより分かりやすく強調されたものでなければならなかったので、この分かりやすい光線描写は残されたのだとも言える。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 21:25 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

魔法の光線 【スーパー戦隊シリーズ前史その63】

魔法の光線

p-mahoutukai-sarii.jpgさて、ここで話を「仮面の忍者赤影」の原作漫画を描いた横山光輝に戻す。東映に要請されて「少年サンデー」の「伊賀の影丸」の連載を終了させて「飛騨の赤影」の連載を開始した1966年の頃、横山は「影丸」同様長期連載していた「鉄人28号」の連載も終了させ、翌年から連載を開始する「水滸伝」の準備にとりかかり、いよいよ歴史漫画の世界に進出していこうという時期であったのだが、この年に放送されたアメリカのTV劇映画「奥様は魔女」の日本語吹替版の面白さに感銘を受け、それにインスパイアされた少女漫画「魔法使いサニー」を「りぼん」に連載を始めた時期でもあった。
この「魔法使いサニー」が同年にテレビアニメ化されて「魔法使いサリー」に改題(「サニー」という名称の商標権を持っていたソニーから使用許可が得られなかったため)され、日本初の少女向けアニメとなり、また東映動画魔法少女シリーズ第1作となったことは既に触れた。
ここで触れたいのは横山光輝という漫画家の革新性についてであり、「伊賀の影丸」において後に日本の少年向けバトル漫画のスタンダードとなる「ヒーローチームの集団戦」の漫画表現におけるフォーマットを作ったのと同様、この「魔法使いサリー」でも横山は画期的なフォーマットを作っている。それは魔法の視覚的表現として術者の指先やタクトなどのアイテムから光線が発射されて対象物に命中するという漫画表現であった。


続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 20:36 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

特撮時代劇 【スーパー戦隊シリーズ前史その62】

特撮時代劇

baa1216e.jpgただ、この「特撮時代劇」に関しては、「特撮」と「時代劇」という共に製作費の多く必要なジャンルから構成されていることから莫大な製作費がかかり、「赤影」が終了した後も三洋電機ほど太っ腹なスポンサーもなかなか現れず1年間ブランクが空くことになった。考えてみればカラーテレビのPRなら別に莫大なお金を使って特撮時代劇を作らなくても他の方法はいくらでもあるのであり、三洋電機に追随するメーカーが現れるということはなかなかなかったのである。
そうして1年経ってから製作された特撮時代劇「妖術武芸帳」は、既にスポ根ブームが全盛であったので惨敗し、東映特撮班はスポ根ドラマ「柔道一直線」の製作に没頭することになった。まぁこれも奇想天外な柔道の技が連発する一種の特撮ドラマであり、特撮スポ根ドラマと言ってもいいだろう。むしろ、ここでアクション担当の大野剣友会の参入を経て、東映は肉弾戦アクションに磨きをかけることでチャンバラアクションから脱却し、ハイクオリティな現代劇特撮アクションドラマの製作が可能になり1971年に「仮面ライダー」を生み出すことになる。また、ここでのスポ根ドラマの経験は後に「ゴレンジャー」以降のスーパー戦隊シリーズで戦いの中にスポーツ的な軽い感覚を導入することに繋がるのである。


続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 20:49 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

赤影による効果 【スーパー戦隊シリーズ前史その61】

赤影による効果

aka16.jpgまさに「仮面の忍者赤影」では原作から遠く離れて荒唐無稽なSF大活劇が大真面目に展開されたわけだが、どうしてこんなことが可能になったかというと、幾つかの要因が考えられる。
まず、番組スポンサーの三洋電機がこの番組でカラーテレビをPRして売るために大々的に広告費を注ぎ込んでおり、更に制作局の関西テレビも自社初のカラー作品ということで並々ならぬ意気込みで当時としては破格の製作予算を計上していたということがある。つまり現場では資金は潤沢にあったので、何でもやり放題だったのである。この点、同じ時期の横山&東映の作品でも資金不足で打ち切りを余儀なくされた「ジャイアントロボ」に比べて恵まれており、「赤影」は1年間放送することが出来たのである。
第二の要因としては原作漫画を描いた横山光輝が自分の作品の映像化に際して内容が改変されることに極めて寛容であったということが挙げられる。まぁ正確に言えば寛容というよりは無関心と言うべきであろう。横山は自分の作品のテイストは自分にしか再現できないと考えていたという点では白土三平や手塚治虫とそう大差は無い。ただ白土ほど自分の作品に対して強すぎるこだわりが無かったし、また手塚のようにアニメ作りにも手を伸ばすほどに器用でもなかったので、「自分が手がけない以上は自分の原作の作品であっても所詮は他人の作品」という程度に割り切って無関心でいることにしたに過ぎない。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 20:44 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

仮面の忍者赤影 【スーパー戦隊シリーズ前史その60】

仮面の忍者赤影

akakage3.jpgさて、ここで東映が特撮TVドラマを本格的に作り始めた1967年時点に話を戻す。「キャプテンウルトラ」や「ジャイアントロボ」については既に触れたので、ここでは「仮面の忍者赤影」である。この1967年4月に放送が開始された東映初の特撮時代劇TVドラマは、1966年から横山光輝がテレビドラマ化を前提として「少年サンデー」で一足早く連載を開始していた「飛騨の赤影」(テレビ版の放送開始後、テレビ版に合わせて「仮面の忍者赤影」に改題)という漫画の映像化作品である。
この原作漫画の方は、まぁ決して白土三平の作品のようなリアル忍者漫画ではなかったが、一応は安土桃山時代を舞台として横山作品らしい程良い荒唐無稽さをもった痛快忍者漫画であった。つまり「伊賀の影丸」と同じような感じで、おおまかに言えば2つの章で構成されており、まずは竹中半兵衛に仕える忍者である赤影が木下藤吉郎からの指令を遂行するために青影とチームを組んで怪しげな新興宗教である金目教の正体を探るために潜入捜査を開始し、金目教の配下の霞谷七人衆という敵の忍者チームと特殊能力を用いた忍術合戦を展開するというお話と、もう1つは赤影たちの住む飛騨の里にうつぼ忍群という敵が襲撃してきて、赤影を中心とした飛騨忍者の精鋭チーム5人が敵の精鋭忍者5人と戦うというお話がある。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 21:33 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

007ヒロインの役割 【スーパー戦隊シリーズ前史その59】

007ヒロインの役割

20061106181334.jpgどうして、そうした「スパイアクション」というシチュエーションにおけるヒロインがボンドガールのような男性ヒーローに対して挑戦的かつ挑発的なタイプのヒロインになったのかというと、それは「スパイアクション」というジャンルが成立したことによって男性ヒーローが情けなくなった結果、相対的にヒロインが強いイメージを持つようになってアマゾネス型ヒロイン像が主流になったという見方も出来る。
もちろんジャームズ・ボンドという男は一般人に比べて決して情けない男ではなく、むしろ強い男である。しかし、彼は悪を徹底して叩くことの出来ない不徹底な男でもある。例えば1960年代のイギリスにおいて暗躍していたスパイの元凶といえば、それは間違いなくソ連の指導部であろう。しかしボンドはクレムリンに乗り込んでソ連の書記長を殺すような活躍をすることはない。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 21:26 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

ボンドガール 【スーパー戦隊シリーズ前史その58】

ボンドガール

350x444-2007121400807.jpgもともとドラマにおいてはヒロインの存在は不可欠である。男ばかりでは華やかさに欠けるからである。特に男性の観客や視聴者にとってはそう感じられる。ドラマの製作者は昔は特に男性が多かったので、そうした男性クリエイターが自分が観て楽しく思えるようなものを作れば自然にヒロインの存在は不可欠となったのだ。ただ同様の理由で男性が主役となるストーリーが多かったので、だいたいヒロインは脇役でストーリー上ではあまり重要ではなく華やかさを添えるためだけの役割である場合も多かった。特にヒーロー作品の場合、戦いは男同士で展開されることが多く、ヒロインはその本筋からは置いてきぼりで、単なる華やか要員になりがちだった。昔の時代劇や西部劇のヒロインなどはそういう扱いが多かった。
ただ、この「華やかさ」の内容が欧米と日本とでは若干ニュアンスが違っていた。欧米では「華やかさ=お色気」であったが、日本の場合はそうではなかった。まぁこれは「お色気=露出度」という公式をあてはめればの話であって、もともと日本における「お色気」というのはむしろ奥ゆかしく、悪く言えば不健康とも言えるが、かなり回りくどく分かりにくいのが良いとされていた。だから欧米のドラマにおけるヒロインが露出度が高かったのに比べて日本のドラマにおけるヒロインの露出度は低めで、単に美人である場合が多かった。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 21:20 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。