戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年07月02日

科学と人間 【スーパー戦隊シリーズ前史その69】

科学と人間

img_359572_54408591_5.jpg「鉄人28号」の頃から一貫している「科学の力を善用するのも悪用するのも利用者の心ひとつで決まる」という横山光輝の醒めた世界観はこの「バビル2世」で改めて明確な形で示され、この後のヒーロードラマ等に大きな影響を及ぼしていく。
奇しくもこの「バビル2世」という漫画の連載が始まった1971年はTBSで「仮面ライダー」の放送が始まった年でもあるが、「仮面ライダー」における敵組織ショッカーも科学の悪用によって改造人間を作り出して世界征服を企む組織であった。いや、これは奇縁というよりも、石森章太郎をはじめ、この公害問題などが懸案となっていた時代に生きていたクリエイターならば「科学の悪用」というテーマに着目しないほうが珍しかったともいえる。
ただ、普通はそれに対して例えば偉大なる夢想家である手塚治虫の「鉄腕アトム」のように「科学の善用」で対処していこうという発想になる。手塚の弟子筋の石森章太郎の「仮面ライダー」も基本的にはそういった発想の作品である。ただ「仮面ライダー」の場合、正義の味方であるはずの仮面ライダーの能力もまた、もともとはショッカーの悪の科学によって作られた異形のものであるという点で一種の原罪を背負っており、そこに「科学」(そしておそらく「近代」「戦後」)というものに対する屈折した心情が秘められており、主人公は葛藤していく。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 21:47 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。