戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年07月05日

太平記 【スーパー戦隊シリーズ前史その72】

太平記

godaigo.jpg一方、「太平記」は南北朝時代に編纂された小説で、これは当時は「宋学」といわれた儒教の一派である朱子学思想に基づいて鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての歴史を南朝側を正統とする視点で書いた小説である。作中では史実に沿ったストーリーが展開されているが、作品全体を朱子学思想の名分論が貫き、登場人物たちはその価値観に照らされて正邪に分類されて活写されており、史実をもとに作られたフィクション小説と言っていいだろう。
つまり、この「太平記」という作品もまた儒教知識人によって書かれたフィクション小説なのである。どうして本来はフィクション小説になど関与しないはずの儒教知識人が「太平記」を書くことになったのか。それはもともとシナかぶれであった後醍醐天皇が朱子学の知識人のグループを傍に抱えており、彼らは後醍醐のもとでその知識を政治の場で活かしていこうという志を持っていたのだが、南北朝の争乱の結果、後醍醐は足利氏に敗れて吉野へ落ちのび、南朝を名乗りはしたものの実質的には単なる亡命政府に過ぎず、彼ら後醍醐の側近の儒教知識人グループもその知識を政治の場に活かすどころではなくなってしまった。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 21:32 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。