戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年07月06日

仮名草子 【スーパー戦隊シリーズ前史その73】

仮名草子

%E5%BE%B3%E5%B7%9D.jpg何故、江戸時代初期に庶民向けの書物が普及したのかというと、徳川家が天下をとって泰平の世になったから庶民が書物を読むようになったというのは確かに現象としては間違いではないが、初期徳川政権は完全なる軍事独裁政権であり、幕府の意向なくしてそのような現象が許容されるはずもないことを忘れてはいけない。
幕府として積極的に書物を普及させたい何らかの事情があったのである。そして当時の世界において、わざわざ庶民の知的水準を上げたり庶民に娯楽を提供するために書物を普及させるなどという施策をとる政府などはあり得ないのであって、徳川幕府もまた、そんなお人よしな理由ではなく、別の理由で書物の普及を推し進めたのである。それは儒教道徳の啓蒙のためであった。

戦国時代というのは気候変動の影響で日本全体が貧困化し、そのため社会秩序が崩壊して庶民の末端に至るまで武力闘争を繰り返すという、日本史上最も過酷な時代であった。そのため、この時代は日本的な美意識を押しのけて「力こそ正義」というような思想が前面に出てきていた。
戦後に支配的となったマルクス主義史観などでは江戸時代に確立した封建制度を悪と見なす傾向が強いため、それによって圧殺された戦国時代を自由な時代として肯定的に評価する向きがある。確かにある意味では何でもアリの自由な時代であったとは思うが、それは力のある者にのみ許された自由で、女子供など弱い者にとっては極めて不自由な時代であったのが実情である。実際、度重なる戦のたびに戦いとは無関係の女子供までもさらわれて奴隷として売り飛ばされるような行為が横行する過酷な時代であり、悪者にとっては天国のような時代であったろうが、こんな時代を自由な時代だと歓迎していた庶民などそう多くはなかったはずである。だからこそ、庶民は天下を統一して新たな秩序を打ち立てようとした信長や秀吉を支持したのである。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 16:21 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。