戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年07月07日

元禄バブル 【スーパー戦隊シリーズ前史その74】

元禄バブル

new_saikaku1.jpgこうした江戸前期の読書文化は17世紀終盤には「仮名草子」から派生する形で「浮世草子」と称される一連の作品群を生み出すことになる。これは当時勃興しつつあった商人階級の風俗を描いた享楽的傾向の強い作品群で、その代表作とされるのが井原西鶴の「好色一代男」である。
この小説は「源氏物語」54帖になぞらえて54章の構成で1人の男の女性遍歴を描くというもので、江戸時代文学の最高傑作と現在では評されている。確かに極めて高い文学性はあるものの、一種のポルノ小説であり、これが江戸期最高の小説というのはいささか大袈裟と言わざるを得ない。そもそも井原西鶴という小説家は彼の生きていた頃は流行作家として有名ではあったが、その死後には忘れられ、江戸後期の戯作文学全盛時代においては歴史に埋もれた存在となっていた。それを再発見して「元禄の文豪」として持ち上げたのは幸田露伴や尾崎紅葉のような明治の文学者たちだった。
これにはカラクリがある。彼ら明治の文学者の最大のテーマは、いかにして明治維新以前の旧態依然とした封建時代の価値観を超克して西洋諸国のような「進歩的」で「開明的」な文学を打ち立てるかということであったので、彼らから見れば江戸時代後期に隆盛を極めていた封建道徳に則った文学は否定されるべき前時代の遺物に過ぎなかった。そういうわけで近代の文学者による江戸後期の文学に対する評価は不当に低いものとなっている。その一方で、江戸後期の封建道徳に則った文学に先行して存在した元禄期の文学には必要以上に高い評価を与える傾向がある。それは、この時期の文学が封建道徳や儒教道徳の影響をあまり受けていないからである。だから明治の文学者から見ればそれは進歩的で開明的なものに見えたのであろう。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 22:59 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。