戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年07月08日

武士の誕生 【スーパー戦隊シリーズ前史その75】

武士の誕生

l2jfjyf5.jpg武士というものは平安時代初期の律令制崩壊期に発生した。律令制というのは国土人民を全て政府の公有財産として管理し、税を再配分して社会運営を行っていく典型的な中央集権システムである。これはもともと戦乱の相次ぐシナにおいて、より強大な国家を作るために編み出された制度で、シナは常に北方遊牧民の脅威に晒されていたので、基本的にこうした中央集権制がずっと維持された。
一方、日本列島は大陸のような戦乱の地ではなく、海に囲まれていたので大した外敵も存在せず、元来はこのような律令制度のようなものは不要であったのだが、シナにおいて律令制を採用して強大化した隋や唐が大帝国を築いた6〜7世紀頃、国家形成期にあった日本は全体的に西日本に偏しており朝鮮半島まで支配下に置いており、朝鮮半島において隋や唐と対峙する羽目になった。その際に隋や唐への対抗上、日本でも律令制を導入しようという気運が生じ、唐の侵攻を受けて7世紀に日本の朝鮮半島における支配地は失われたが、その回復を目標として日本でも8世紀初頭には律令制が整備されるようになった。つまり唐(およびその属国の新羅)を仮想敵国とした戦時体制が律令制の本質であった。
しかし、国力増強のための東国の開発の結果、朝鮮半島の奪還自体がどうでもよいものとなっていき、また唐が弱体化していったために仮想敵国として脅威ではなくなり、その上に日本の中央政府は政争ばかり繰り返すようになり、貴族たちが勢力拡大のために律令制を無視するようになり、律令制の存在意義自体が無くなっていった。そうなると窮屈な律令制など日本人は従わなくなり、ちゃんと税を収めなくなっていき、その結果、中央政府は財源不足となって機能不全に陥り、平安京に遷都した後、9世紀に入ると律令制は崩壊したのだった。


続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 23:27 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。