戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年07月09日

欲と忠誠 【スーパー戦隊シリーズ前史その76】

欲と忠誠

nobunaga.jpg思えばこの戦国時代が日本において最も武士が多かった時代であり、ある意味では武士が最も武士らしくあった時代であった。しかし戦乱が激しくなりすぎたせいで農業生産高は極端に落ち込み、日本全体が貧しくなってしまった。加えてこの時代は大航海時代で、日本周辺に西洋のキリスト教国の商船が現れるようになり、日本国内を1つの大きな勢力にまとめて彼らと渡り合う必要が生じてきた。
いや、むしろ天下を統一して強大な中央集権国家を作り、日本で採掘される金銀を武器として東アジアの交易権を牛耳ってしまおうという構想を抱く者が現れた。それが織田信長や豊臣秀吉で、彼らは貨幣経済が定着しつつある中で武士たちが依然として「土着の治安維持要員」的な存在であるから地域で争いが絶えないのだと考え、彼らを土地や生産活動から切り離して戦闘専門集団化し、主君にのみ忠実な常備軍として再編成して海外派兵も可能な体制を作った。そして農村の方は武器類を没収し検地を実施して財産争いを収束させ平和な状態を作り農民の自治に任せ、重大な犯罪に対しては常備軍を警察的に運用して対処することにした。仕方ないのである。かつてとはもう時代が違う。魔性の貨幣に支配された世で武器を持った者が土着して地域でウロウロしているのは危険極まりないのだ。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 22:39 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。