戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年07月11日

勤皇思想 【スーパー戦隊シリーズ前史その78】

勤皇思想

1208a_2.jpgそのような朱子学を導入した江戸時代の日本において、徳川将軍がシナ皇帝のような絶対崇拝の対象として扱われるようになったかというと、そうはならなかった。当初は家康もそうなるように構想しないでもなかったのであろうけれど、結局、全国を一元的に支配することも出来なかった徳川将軍がシナ皇帝のような存在になるのは無理であった。しかし、そうなると日本において儒学は何のために存在するのか分からなくなってくる。実際、徳川将軍がシナ皇帝のように絶対崇拝の対象として中心に存在しない限り、統治哲学としての儒学の思想は成り立たないのであり、それが現に中心に存在していないのであるから、17世紀後半には既に儒学の本来の存在意義は失われてしまっていた。
そこで2つの方向性が生じたのである。1つは、徳川将軍の代わりに別のものをシナ皇帝に擬して中心に据えて儒学を儒学らしく再生させることであり、これは要するに天皇を絶対崇拝の対象とする勤王思想の誕生である。これは当初は幕府の官学でありながら有名無実の存在となりかけていた朱子学を日本風にアレンジして維持するための苦肉の策であったと言うべきであろう。
確かに天皇はこの頃においても将軍以上の権威ではあったが、それは神仏習合の伝統宗教における権威であって、シナ皇帝のような政治的権力とは違っていた。天皇というのは平安時代初期の律令制崩壊後は伝統的に(朱子学にかぶれた後醍醐のような例外は除いて)そのような存在であった。政治のような穢れた俗事から遠ざけることによって清浄性を保ち、祭祀王としての権威を保つというのが天皇の権威の源泉であったからである。それを無理にシナ皇帝と同じような天(日本では神)から地上の統治を委任された君主として祭り上げたのが勤皇思想であった。
もちろん単に天皇を敬うだけではなく、その天皇から国政を委任された存在としての幕府の権威を高めることが当初の大きな目的であったのであるが、やはりこれはハッキリ言って幕府にとっては余計なことであったと思う。所詮は建前論でしかなくなっていた朱子学など自然に朽ちさせていけばよかったのである。こんな余計な延命措置をとったために江戸後期にはこれが幕藩体制への不満と結びついて反幕府思想へと発展していくことになるのである。


続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 22:25 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。