戦隊ヒロインBLOG

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年07月12日

儒教の徳目 【スーパー戦隊シリーズ前史その79】

儒教の徳目

儒教というのはシナの戦国時代に生まれた。紀元前5世紀ぐらいのことである。当時のシナは伝統的な社会秩序が崩壊して乱れた世であったので、伝統的な先祖崇拝のシャーマニズムを基にして普遍的な道徳律を作り上げ、それによって新たな社会秩序を作り上げようと試みたのが孔子である。
孔子はそこで「仁」と「礼」を重視した。「仁」というのは普遍的な人間愛、思いやりの心というようなもの、そして「礼」は先祖崇拝の儀礼を発展させた家父長制の規範というようなもので、この「仁」「礼」の2本立てによって道徳が保たれるはずだというのが孔子の理論であった。孔子はこの理論を政治にもあてはめて「仁」「礼」を基本とした政治を各国の王に説いたが、とにかく武力が全ての時代だったので、ほとんど誰からも相手にはされなかった。
その後、儒教においては紀元前4世紀頃に孟子が出て、孔子よりもラディカルに政治に対して働きかけた。そのため孟子は実践を重んじ、観念的な「仁」「礼」に加えて、「義」や「智」も重視した。「義」は利害を捨てて条理に従うこと、つまり欲望にとらわれず正しいことを行うことであり、また「智」は合理的に判断することである。それでも儒教は各国に受け入れられることはなかったが、この孔子や孟子の教えを基にして教義が整備されていった。

続きを読む
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
posted by 戦隊ヒロインBLOG at 22:17 | シリーズ前史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。